燃焼室加工

4G63 エンジンチューン

量産エンジンゆえの荒れた鋳肌修正やバリの除去にはじまり、混合気や燃焼ガスの流れがスムーズになるように、未燃焼ガスが残留しにくいように、ノッキングの発生を抑えるように、燃焼室を加工します。

ポート加工

エンジンチューン ポート加工

インテークマニホールドやシートリング部の段付きを修正するライトな加工から、吸気・排気の効率を更に引き上げるポートの拡大加工までチューナーの腕の見せ所。HRSで仕上げたチューニングヘッドはセッティング時の燃料の入り方、エンジンレスポンス等が別物、ノーマルとは別次元の性能を発揮します。

燃焼室 容積合わせ

エンジンチューン 燃焼室 容積合わせ

燃焼室加工の際には形状をどう仕上げるかとともに、各気筒の容積を揃えることが大切です。また、燃焼室加工により変化してしまった圧縮比を適切な値にするため、ヘッド面研やメタルガスケットの厚さ等で調整します。

ガレージを何年もお休みしていたため、最近の新しいお客様にはあまりなじみがないかもしれませんが、一般整備やライトチューンだでけでなく、ガレージHRSではエンジンチューンも得意です。古くなったエンジンのオーバーホールから、各部に手を入れたフルチューンまで、オーナー様の要望やご予算に応じて様々な仕様のエンジンを作ります。また三菱 4G63、4B11エンジンや、スバル EJエンジンは F1譲りのコスワース 高性能エンジンパーツを使ったエンジンを製作することも可能です。

大切な愛車をパワーアップしたり、古くなったエンジンをリフレッシュして長く楽しむ。エンジンのオーバーホールやチューンアップもガレージHRSにお任せください。