今年の猛暑、ハンパないって!

新しい車はともかく、古くなった車ではエアコンの効きが悪いと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ひら@HRS

エアコンの効きが悪いからって、安易にエアコンガスチャージしていませんか? エアコンの効きが悪い要因のひとつに、エアコンガスが適正量でないことが挙げられます。

経年変化でエアコンガスが徐々に抜けてしまい、ガスが少なくなって冷却能力が落ちてしまうのはご存じかと思いますが、逆にガスが多すぎても冷えなくなってしまうのはあまり知られてないかもしれません。また、エアコンサイクル内には潤滑用のオイルが使われていますが、長い年月の使用でオイルが劣化して、コンプレッサーの働きが落ちたり、駆動抵抗が増えているケースもあるのです

エアコンの効きを回復:エアコンメンテナンス サービス

エアコン フラッシング洗浄&リフレッシュ

新車から相応の年月が経過して、エアコンの効きが悪くなってきたなぁ、そんな人におすすめなのが、HRSのエアコン メンテナンス サービスです

エアコンライン洗浄機:BAC-21VWA 

このマシンをみて、あれっと思った人は鋭い。単純なエアコンガス回収や循環洗浄機とは一線を画すこのマシン。

オイルセパレーターある時期、某ドイツ車両メーカーの新車ラインで、エアコンコンプレッサーに製造時の切削粉が混入してしまう不具合が起きたことがあり、市場に出回った車両のエアコンシステムを洗浄し切粉を完全回収するために特注製作された一般には出回らないスペシャル機なんです。単なる洗浄に加えて、金属粉をも取り除くフラッシングモードを兼ね備えたこのマシンは古くなったエアコンシステムのリフレッシュにも絶大な効果を発揮します。

フラッシングユニットコンプレッサー焼き付き等で、金属粉が回ってしまい、通常だとエアコン配管全部を交換しないといけない車両でも、このマシンならフラッシングして金属粉を除去できる程と言えばその高性能の一端を理解してもらえるでしょうか。

エアコン フラッシング & ガスチャージサービス

エアコンガス回収&洗浄マシン

高性能エアコン フラッシングマシンを使い、古くなったエアコンガス・オイルを全て回収し、エアコンガスに混入した水分や不純物を取り除きます。更に時間をかけてエアコン内部をフラッシング洗浄。内部がきれいなった状態で、真空引き&高性能オイルを充填し、規定量のエアコンガスをチャージします。

フラッシング&循環洗浄モードでリフレッシュ

一連の作業でエアコン内部が最良の状態にリフレッシュ。経年劣化で性能ダウンしたエアコンシステムを、本来の性能に回復しますので、古い車(10年10万km経過など)や、コンプレッサー焼き付き等で配管交換や内部のクリーニングが必要な車両等におすすめです。

作業費用:20,000円(税別) 作業時間:2~3時間位

エアコンガス回収 & ガス再チャージサービス

エアコンガスを回収したあと、適正量のエアコンガスを再チャージします。ガス回収時、ガス内に混入した水分も除去し、エアコンシステムを最良の状態に保ちます。

フラッシングまでは必要ない車両や、費用を抑えつつエアコンシステムをリフレッシュしたい時におすすめです。

作業費用:8,000円(税別) 作業時間:30分~1時間位

作業例

NB6C ロードスター

NBロードスター  エアコンフラッシング&ガスチャージ平成12年式、今から18年前の車両。今年の猛暑では、昼間はぜんぜんエアコンが効かず汗だく状態での運転だったため、フラッシング&ガスチャージを行いました。まずガスを回収すると250g、適正量は300~400gなのでガスが少なめです。

エアコン フラッシング中
フラッシング中。不純物やオイルを分離しながら、エアコンシステム内を洗浄していきます。フラッシングユニットの透明タンクで洗浄度合いをチェックできます。今回は18年間の汚れを除去すべく、フラッシング洗浄工程を2回行いました。

劣化したコンプレッサーオイル
分離回収したコンプレッサーオイル。劣化と汚れでまっ茶色。

洗浄後、高性能オイルと規定量のエアコンガスを充填。設備の整っていない整備工場ではアバウトになりがちなガスチャージも、デジタルスケールできっちり充填量を管理できます。施行後はエアコンの効きが大幅に改善、寒く感じるほど冷えるようになり昼間の炎天下でも快適。エアコンの効きに悩んでいたけど、本来の性能に回復できてよかったです。