今回入庫されたお車はマツダ スピアーノ、スズキ ラパンのOEM車です。

とは言え、エアロも内装もガラリと変わっているためパッと見では分からないですね。

カーボンクリーン、スラッジクリーンのご用命です。

まずはカーボンクリーンを行います。

カーボンクリーンとは、燃料ラインの洗浄です。

通常20分1セットですがHRSでは倍の40分1セットとし、洗浄効果を高めています。

詳しくはリンク先をご覧ください。

カーボンクリーンとは

施工後はバルブ周りのカーボンが取り除かれて、アイドリング時のバルブのカタカタ音が小さくなるといったことが直ぐに分かると思います。

また、アクセルレスポンスも回復するため、走り出しでも実感できると思います。

続いてスラッジクリーンを行います。

機械は似ていますが、スラッジクリーンはオイルラインの洗浄です。

カーボンクリーンで汚れたオイルをここで回収することで、相乗効果でよりエンジン内部をキレイにすることができます。

そのため、HRSではカーボンクリーンと合わせてスラッジクリーンもオススメしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

スラッジクリーンとは

ちなみに、今回はエンジンオイルを持ち込みで交換しましたが、HRSオリジナルオイルやワコーズのオイルもご用意しています。