AT CVT フルード交換

過走行車も対応!圧送式・全量交換のトルコン太郎方式

オートマトータルカーケアシステム画像

長く使用されたオートマチックミッションでは、オートマフルードの劣化や内部に蓄積された金属粉やスラッジによって経年劣化が起こっています。毎日使っているとその変化には気づきにくいかもしれませんが、振動やシフトショックの増大・駆動ロスの増加によるパワーロスや燃費の悪化などが知らず知らずのうちに進んでいます。

数万kmの走行ならまだしも、5万km以上 ATFを無交換で経過している車のオートマミッション劣化は想像以上にひどい場合が多く、ドライバビリティ(運転のしやすさ)を阻害するだけでなく、時としてミッション破損などの重大なトラブルを引き起こすことがあります。

プレミアムオートマフルード交換とは

オートマトータルカーケアシステムのイメージ画像

一般的なATF交換とは一線を画し、高性能ケミカル(ATクリーナー・ATFサプリメント) 圧送式高性能ATFチェンジャー、マグネファインデュアルフィルターなど独自の方法で大切な愛車のAT性能を最大限に引き出し、ベストコンディションを長期間維持するオートマメンテナンスサービスです。(走行3万km毎にオートマトータルカーケアシス テムを施工すると、ベストコンディションを長期間維持します)

プレミアムオートマフルード交換の効果

  • 古くなって性能の劣化したATミッションを新車に近い状態へリフレッシュ、ドライバビリティを改善します。(変速ショック・ATロス・ATノイズを低減・燃費改善など)
  • ATミッションをベストコンディションに保ちます。
  • ATミッションの寿命を延ばします。

圧送式、全量交換 高性能ATFチェンジャー

ガレージHRSでは米国 MOC社製の高性能ATFチェンジャーを使用しています。このマシンはコンピューター制御の圧送式を採用し、廃油の回収と新油の供給を独立した別経路で行いフルードの全量交換が可能です(日本で高性能機として知られているトルコン太郎も同じ方式で、現在流通している多くのATFチェンジャーの中でもトップレベルの性能を持っています)。一般的な循環式ATFチェンジャーのようにATF交換時に汚れたATFがオートマミッション内を再循環してしまうことがありません。

この方式なら、ATF無交換・過走行で通常だとATF交換を断られてしまうケースでも作業できますので、ATF CVTF交換はHRSまでご相談ください。

ATF交換 適合車種

作業可能なATの構造

図のようにATFクーラーが付いていて、オートマミッション本体からホース配管で繋がっているタイプのオートマでしたら作業が可能です。わからない時はディーラーさん等に該当する構造か問い合わせするか、一度HRSでお車をチェック致します。

プレミアムオートマフルード交換 こんな時におすすめです

  • 3万km以上 ATFを交換していない
  • 変速ショックが大きくなったり、ミッションのうなり音がするようになった
  • トルコンがすべっているような気がする
  • USEDカーを買ったが、前オーナーがどんな使い方・メンテナンスをしていたか不安
  • オートマのコンディションを良好に保ち、長く乗りたい。
ひら@HRS

一般的にATFは無交換でも大丈夫って言われてますが、果たして本当にそれでいいのでしょうか?

エンジンオイルやギヤオイルを交換するのが当たり前のように、オートマミッションや ATFの仕組み・役割をふまえると、ATFも定期的に交換したほうがよいとガレージHRSは考えます。 そこで登場するのがプレミアムオートマフルード交換(オートマトータルカーケアシステム)です。

プレミアムオートマフルード交換 サービス内容

  1. クリーナーによる内部洗浄

    ATFクリーナーによりAT内部の金属粉・スラッジの洗浄を行います。

  2. ATF 圧送式・全量交換

    圧送式ATFチェンジャーにより古くなったATF及び内部の金属粉を抜き取り、新しいATFへ完全交換します。

  3. マグネファイン フィルター取り付け

    ATFクーラーラインへマグネファインデュアルフィルターを取り付け、有害な金属粒子を効果的に除去します

  4. ATFサプリメント添加

    ATFの酸化防止・シールの復元&柔軟性維持・消泡作用に効果的なATFサプリメントを添加し、ATシステムの性能を最大限に発揮させます。。

ATFクリーナー&ATFサプリメント

ATFクリーナー&ATFサプリメントの画像
ATFクリーナー:
  • トランスミッションシステムやハウジングから有害なワニスやスラッジ等の汚染物質を除去します。
  • トルクコンバーターやポンプ、ATFクーラーの配管内を洗浄し、新液の性能をフルに活かします。
ATFサプリメント:
  • 新しいオイルの酸化を抑制します。
  • シールの柔軟性維持を促進し、漏れを防ぎます。
  • 変速の円滑な作動を促進します。
  • トルクコンバーターの振動を減少させます。

世界特許の新技術 マグネファインデュアルフィルター

エレメントタイプのフィルターと強力マグネットによるデュアルフィルターにより、 有害な金属粒子を効果的に除去。金属粉によるATシステムへのダメージを 未然に防ぎ、 ミッションの寿命を飛躍的に延ばします。

マグネファインカットモデル

※マグネファインは フォード・クライスラー等の大手自動車メーカーで純正採用されています。

プレミアムオートマフルード交換 標準料金

基本料金(税別)
標準工賃 8,000円
ATクリーナー
ATFサプリメント
6,400円
マグネファイン
デュアルフィルター
工賃込み
10,000円
合計 26,200円
  • オートマフルード代が別途かかります。
  • 輸入車及び一部の国産車は料金が異なる場合があります。
  • アンダーパネル脱着の場合、追加料金がかかります::2,000円~
  • マグネファインを使用しない場合の合計費用:16,200円

オプション作業1(プレクリーニング オートマ内部洗浄)

世界的なミッションメーカー アイシン製 AFW+を使いプレクリーニング

過走行等でATFの汚れがひどい場合、ATF 本交換作業の前に、贅沢にもアイシン製のフルード AFW+を洗浄油に使いプレクリーニング。プレクリーニングと言っても、作業内容は本交換と同じ圧送式の完全交換ですので、汚れたATFが再循環することなく安心です。

ATFチェンジャーのモニターでフルードの汚れ状態をチェックしながら、1回~数回 プレクリーニングを繰り返すことでオートマ内部の隅々まで洗浄を行うことができます。

基本料金(税別)
プレクリーニング
アイシン AFW+ 8L
8,000円/回

オプション作業2(オイルパン清掃&ストレーナー交換)

圧送式ATFチェンジャーによるATF全量交換に加えて、オイルパンを外して、内部清掃、マグネット部の鉄粉除去、ストレーナー新品交換を行うメニューです。費用と作業時間はかかりますが、より完璧を期す場合におすすめです。

基本料金(税別)
オイルパン脱着・清掃
&ストレーナー交換工賃
9.800円~
パッキン&ストレーナー
部品代
車種ごとに変わるため
都度お見積もり

※オイルパン脱着は液体パッキン乾燥等のため、1日~1泊2日作業となる場合があります。

オートマフルード価格

ATF交換の際には、自動車メーカー指定のATF規格にマッチしたフルードを選ぶことが大切です。HRSでは自動車メーカー純正指定のATFから高性能ATFまで各種ATFを取り揃えています。また掲載以外のATFも取り扱いしていますので、お気軽にご相談ください。

フルード 規格 価格(税別)
アイシン AFW+(1L)

トヨタ、日産、三菱、ホンダ、
マツダ、スバル、スズキ、
ダイハツ 各社のATに適合

通常 1,200円
特価 960円
REDLINE
D4 ATF
US1クォート(0.946L)
DEXRON III/II
Mercon/ MerconV
70W80GL-4
通常 3,800円
特価 1,900円
NUTEC
ZZ-51改(1L)

AT車及びベルト式CVT車に使用できます。
ダイレクトでスポーティーな走行フィール
が得られます。

通常 2,600円
特価 2,340円
ワコーズ ATF H-S
ハイパーエス(1L)

AT車及びベルト式CVT車に使用できます。
特に高性能車、重量車、高級車に最適。

通常 2,100円
特価 1,890円
ワコーズ ATF P-S
プレミアムスペック(1L)
JASO 1-A-LV

低粘度ATF指定車、国産車、
輸入車問わず幅広く適合

通常 2,800円
特価 2,520円
ワコーズ CVTF P-S
プレミアムスペック(1L)

最新の低粘度CVTF指定車を含め
金属ベルト式CVT全般に使用できます。

通常 2,800円
特価 2,520円

※通常6L~10L位のATFを使用します(車種やATの状態によって上下します)

ATF交換 総費用例

フルード マグネファイン 総費用(税別)
アイシン AFW+ フィルター使用
フィルターなし
33,880円
23,880円
REDLINE
D4 ATF
フィルター使用
フィルターなし
41,400円
31,400円
NUTEC
ZZ-51改
フィルター使用
フィルターなし
44,920円
34,920円
ワコーズ ATF H-S
ハイパーエス
フィルター使用
フィルターなし
41,320円
31,320円
ワコーズ ATF P-S
プレミアムスペック
フィルター使用
フィルターなし
46,360円
36,360円
ワコーズ CVTF P-S
プレミアムスペック
フィルター使用
フィルターなし
46,360円
36,360円

ATF使用量 8Lで計算(車種やATの状態によって上下します)

究極のATF添加剤 ワコーズ CORE701

ワコーズ CORE701 AT特有のもたつきを解消し、ダイレクトな走りを実現

オートマチックミッションの構造上、トルクコンバーター部のパワー伝達ロスと湿式クラッチ部でのスリップロスは避けて通ることができず、AT特有のもたつきや空走感は快適なドライブを阻害してしまいます。

【ワコーズ CORE701】
ワコーズのフラッグシップ COREシリーズの超高性能ATF添加剤。

『トラクションブースター(トルコンの効率改善)』と『フリクションブースター(クラッチの伝達効率向上)』 2つの効果により、ダイレクトで素早い変速を実現し快適なドライブフィールが得られます。添加量:ATF 4~8リットルに対し1本。

価格(税別) 買い物 備 考
CORE701
(200ml)
12,000円

オートマフルード交換の基礎知識

オートマミッション故障の原因とATF交換の必要性

精密機械の集合体であるオートマミッションは、その故障原因のほとんどがATFに含まれる金属粒子に起因します。ATにはストレーナーに金網やフィルターが設けられていますが、そこで濾過されるのはよほど大きな金属片だけで、有害な金属粒子やスラッジはATFを浮遊し常に循環されてしまい、ATを痛める原因になっています。

また一般的にはあまり認知されていませんが、ATFは自動車用潤滑油の中でも特に過酷な使用環境に置かれています。ATFはミッションの機械的潤滑以外に、トルクコンバーターの動力伝達、油圧によるシフトコントロール、湿式クラッチの作動という多様な働きを担っています。このためATFが劣化すると、トルコンの伝達不良、シフトコントロール不良、湿式クラッチの作動不良などの不具合につながります。

適正なサイクルで交換されるエンジンオイルやマニュアルミッションのギヤオイルにくらべ、過酷な環境下で長期間での連続使用または無交換で酷使されるATFこそ定期的な交換が必要であると言えます。

ATF(オートマフルード)の交換

ATF交換の必要性を理解しながらも、オートマミッションのATF交換はかなり神経を使う作業です。中途半端なフルード交換では沈殿している金属粉をかきあげてしまったり洗浄能力に優れる新しいATFがミッション内部にこびりついていた金属粉をフルードに再浮遊させてしまい、ATF交換を引き金に2次トラブルを引き起こすこともあります。

そのためディーラーや整備工場でのATF交換作業では沈積している金属粒子を巻き上げないようにオイルレベルゲージから上抜きでそっとATFの50%位を交換するだけだったり、圧送式の場合でも通常の流速を守りながら沈積している金属粒子を再循環させないようにこわごわ交換して、後々のトラブルに関しては免責としているところもあったりします。このような状況から自動車整備業界の間では『寝た子を起こすな』という言葉もあるくらいで、ATF無交換の過走行距離車や10万キロを超えた車などは『ATF交換は避けた方がよい』と言うのが通説になっているほどです。

しかしながら本当にATFは無交換でいいのでしょうか? これまで「ATFは無交換でよい」と言われてきた背景には「純粋にATF交換が必要ない」というより、作業の特殊性や2次トラブルの心配、高価な整備機器が必要になり限られた一部のファクトリーのみでしか対応できないというお店側の事情があるように思われます。

ひら@HRS

10年と言わず、20年、30年と乗り続けていきたい、そんな大切な愛車の場合、自動車メーカーやディーラーではATF無交換をうたっているからメンテナンスは必要ないと言えるでしょうか?

ぶっちゃけ 自動車メーカーやディーラーが無交換と言っているのは、10万kmを超えて古くなった車で万一ミッションが壊れたら新しい車を買ってねって感じではないかと僕は思ってしまいます。

エンジンオイルやギヤオイルを交換するのが当たり前のように、オートマミッションや ATFの仕組み・役割をふまえると、ATFも定期的に交換したほうがよいとガレージHRSは考えます。

愛車を大切に考えるすべての人に、プレミアムオートマフルード交換(オートマトータルカーケアシステム)を試されてはいかがでしょうか?。

関連記事

ビルシュタイン R-2000 カーボンクリーン

カーボンクリーンでエンジンコンディション回復!

カーボンクリーンイメージ画像

ビルシュタイン R-2000 カーボンクリーンシステムは、エンジンを分解せずに インジェクターなどの燃料系統、インテークバルブ、燃焼室、ピストントップやリング、 O2センサー、スロットルバルブ等のカーボンを除去し、エンジンコンディションを回復することができます。

カーボンクリーンとスラッジクリーン、両方のエンジン洗浄を行うことで、大切な愛車のエンジンコンディションを良い状態に保ちます。

ビルシュタイン R-2000 スラッジクリーン

オイル流路のスラッジや汚れをクリーニング

エンジン内部の洗浄に! ビルシュタイン スラッジクリーン

ビルシュタイン R-2000 スラッジクリーン エンジン洗浄システムは、クランクシャフト、ピストン、コンロッド、エンジンヘッド、カムシャフト等、オイル流路のスラッジや汚れをエンジンを分解せずに除去・洗浄し、エンジンコンディションを回復します。

マイクロロンや進化剤など、エンジンコーティング剤を使う前にエンジン内部をきれいにしたい場合や、新車のならし運転時に発生する金属粉除去にもスラッジクリーンがおすすめです。

AT CVT フルード交換 申し込み/お問合せ

作業は予約制で承ります。お名前・車種・形式・ご希望作業日等を HRSまでお知らせ下さい。 施工可能かどうか、一度お車を見せて頂いてからになります。 またATFの規格と容量確認のため、車の取扱説明書(サービスデータ)をご用意下さい。

※作業時間は2~3時間位です(交換作業、試走&点検、機器の脱着含む)

お名前【必須】
郵便番号【必須】
ご住所【必須】
  • 都道府県:
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
車種【必須】
車体番号 ※純正部品を使う場合
ご希望の連絡方法
【必須】
お問合せ内容
【必須】

ページの先頭へ